TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【長野県】真夏のロンリーツーリング紀行 part.2

  • バイクのツーリング記事
  • 2016.09.23

日本海からスタートの二日目

二日目は魚津からスタート。


天気最高!日本海をバックに愛車をワンショット!


この日のメインは黒部渓谷を楽しむ予定。

まずは黒部渓谷トロッコ電車に揺られつつ、欅平をひとまわりしに宇奈月駅へ。


  • 黒部渓谷鉄道の車窓から

黒部渓谷鉄道初めてのトロッコ列車に感動しつつ、欅平駅を目指した。


片道時間80分も掛かる、眺望のよい山間をゆっくり走行。


しかし、ここで緊急トラブルが発生。電車が走りはじめて気付いたのだが、



「バイクに鍵を付けっぱなしだ!」



しまった!と思った時には既に手遅れ。電車は単線で、

折り返すのに途中で降りることもいかず、覚悟を決め観光を楽しむことに決定。 


欅平駅に到着し、渓谷の美しい景気を堪能して帰りの電車に乗車。

Tシャツ1枚だけでは、意外と寒いので、帰りは屋根・窓付の車両を選択。(別料金がかかります)


心配したバイクの鍵は、無事付いたままの状態で一安心。 

さすが日本!治安の良さに心の底から感謝です。 


始発駅の宇奈月駅は標高224m。

ここから襷平駅までぐんぐん登っていきます。

トロッコ列車。写真は両サイドが空いているタイプ。

ドア・窓が付いているタイプの車両もある為、

寒いときにはそちらに乗るのもありかも!?

  • 戸隠高原へのライディング

黒部渓谷では往復で4時間ほども費やしており、

気づいたら昼過ぎとなってしまった。 


今夜は長野県飯山のビジネスホテルに泊まる予定の為、

一路R8へ戻り、新潟方面へと向かう。


途中北陸新幹線の高架橋を横切りながら、

上越に進んだ。上越から妙高を抜け、飯山に進むルートも考えたが、

せっかくなので、大糸線沿いのR148を、ひたすら山道をくねくねと進んだ。


白馬の駅を横切り、R406号線へと向かう。 

1日に何台通るか分からない単線の踏み切りで、一時停止取締か! 

嫌な予感が当たり、一時停止し進むと、お巡りさんがにっこりこちらを見ていた。


そこそこワインディングを楽しみ、飯綱山を右手に、戸隠高原を進む。

すると緩い右カーブの先で、CB1100が寝ているのが見え、

脇におじさんが茫然と立っていた。 

 大丈夫!?

と話しかけたが直ぐに仲間が駆けつけた。

こんな時仲間がいれば助けてくれるんだな~。


野尻湖で一服。

夕刻になってきたので、急いで今日の宿へ向かう。


比較的、体力的な余裕もあり、夕食は地元のおいしい店でも・・・・と外出。

しかし、街中なのに当たり真っ暗で、かなり歩いた結果、

ひときわまぶしい1軒の中華料理屋を発見、

チャーハンセットとビールを食し、二日目は終了!

新潟から白馬を眺めるのは、初めてだ。

白馬といえばスキーのメッカ。

冬にしか来ないところと思っていたが、

意外と夏山も見ごたえがある。

  • 早朝の志賀高原ワインディング

三日目は帰宅日。


早朝から志賀高原を目指して、いざスタート。

とてもすがすがしい朝で道も超空いているが、

油断すると捕まりそうな道ばかりの為、警戒して進みます。


朝早いので、ワインディングもスキスキだ。

この三日間バイクを堪能でき満足したせいか、

帰りは高速・・・!と考えたが、

ここまで下道できたので、最後まで、下道に拘り、

軽井沢方面は止めました。

上田⇒野辺山⇒韮崎へと計画変更。 

再度R20に戻り、帰宅完了。 


長かった旅が終わり、バイクも自分もヘロヘロ状態。

少しは休ませてあげないと・・・・・。

この三日間の走行距離は1350キロとなっていた。 


今度は、どこへ行こうかな~  

制作・協力

バイクの窓口編集部(I)

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す