TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【速報】東京モーターサイクルショーから新型『ホンダX-ADV』をレポート!

  • 最新ニュース
  • 2017.03.24

本日3/24(金)より3日間、第44回東京モーターサイクルショーが開催されます。まずは気になる1台、ホンダX-ADVのレポートを先行してお届けします!

■ホンダ・X-ADV ■車両重量:238kg ■エンジン:水冷SOHC2気筒745cc 

■最高出力:40.3kw(54.8PS)/7,250rpm ■最大トルク:68Nm/4,750rpm 

  • NC750シリーズに新しいカテゴリー

今回のモーターショーでとても気になる1台、早速『ホンダX-ADV』を見てきました!


どのメーカーからもアドベンチャー系のモデルが続々と発売されていますが、

このX-ADVに関しては、『ホンダのミドルはこう来たか!』という感じの1台です。


NC750をベースにしていて、ネイキッドでもなくスクーターでもない、

かといって、アドベンチャーに入れるのもためらう・・、ジャンル分けのしづらいモデルですね。



ミッションはホンダお得意のDCT6速がおごられ、

インテグラの後継モデルにあたるので、

筆者的には大人の高級スクーターといったところでしょいうか。笑


エクステリアではエッジの利いたガンダムデザイン、

フロント周りの雰囲気はCRFラリー?の様相ですね。

フロントフォークは倒立サス。

ダブルディスク+ABS付き。お金かかってます。

灯火類は全てLED

スマートキーも装備です。

  • 街乗りでも、ツーリングでも、ちょっとオフでも

DCT(Dual Clutch Transmission)ミッションは好き嫌いが分かれるところですが、

この車種に関してはオートマ仕様がハマっていると思います。


DCTの各モードをうまく使い、ECOに乗るのも良し、

足回りの良さは峠道でスポーツ走行するのも楽しそうです。

ホイールサイズはフロント17インチ、リア15インチ、

ホイールベースは少し長そうに見えますね・・。


また、比べる対象ではありませんが、T-MAX530と比較すると、

足回りは柔らか目の印象ですが、動力性能はX-ADVの方が高そうですね。


メーターは大型の液晶パネル。タブレットのようです。

いろいろな情報を表示するマルチメーターです。

光モノが好きな筆者ですが、夜間の視認性はどうなんでしょうか。



車名に『X』があるということは、クロスカントリーの性質を持ち合せているはず。

地上からのクリアランスもあり、荒れた路面や多少のオフロードでも、オールラウンドに走れそうですね。

メーカーPVでもオフロードを疾走するシーンもありました。






X-ADV、久しぶりに物欲をそそる1台です。

気になる価格は幾らなのでしょう・・。

メタリックなサイドカバーに

元気の良い角度のマフラーです。

調整式のフロントスクリーン。

高速走行ではライダーの疲労軽減に。

  • 東京モーターサイクルショー開催中

第44回 東京モーターサイクルショー http://www.motorcycleshow.org/


2017年3月24日(金)~3月26日(日) 3日間


 3月24日(金) 10:00~13:00 特別公開

 3月24日(金) 13:00~18:00 一般公開

 3月25日(土) 10:00~18:00 一般公開

 3月26日(日) 10:00~17:00 一般公開


会場:東京ビッグサイト

西1~3ホール+アトリウム・西屋上展示場





東京モーターサイクルショーの詳細レポートは、順次アップしてまいります!


バイクの窓口の記事にご期待ください!

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す