TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【注目のバイクトピックス】vol.3 ホンダ PCX / PCX150

  • 最新ニュース
  • 2017.02.13

首都圏近郊のショールームやショップ・イベント等で展示されたホットなバイクを紹介するコーナーです。第3回は、2月10日にカラーバリエーションを変更し発売されたホンダ PCX / PCX150です。

ホンダ PCX / PCX 150 (Honda PCX / PCX150)

  • ■撮影場所 / ホンダ本社ショールームウエルカムプラザ青山
  • 単色1機種、ツートーン2機種を追加発売

平成29年2月10日にPCX、PCX150に単色1機種、ツートーン2機種が追加発売されました。

追加されたのは、単色の鮮やかなイエロー、ツートーンはレッド / シルバー、ブラック / シルバーの2色です。

ツートーンボディは、ロアカバーがシルバーになり、ボディにストライプを追加し、シートにレッドのステッチを採用。

さらにブレーキキャリパー、リヤサスペンションスプリング、フロントのロゴステッカーにレッドを使っています。

従来の3色(ブルー、ホワイト、ブラック)に加え、全6色になりました。

  • PCX、PCX150が人気の理由は?

平成26年4月発売の現行型PCXと、同年5月発売のPCX150。

PCXは、首都圏の道路を走れば見掛けない日は無いほどの大人気スクーターです。

人気の理由は、スタイリッシュな外観と、スムースな加速と燃費を両立したエンジン、

扱いやすい車体サイズ、実用的なシート下収納等の充実した装備類で、

混雑した街中で高度な快適性を実現しているからだと思います。


PCX150は、自動車専用道路の利用も可能になりますので、

さらに行動半径が拡がる使い方が出来ます。

全灯火器(ヘッドライト、テールランプ等)にLEDを採用しているのも見逃せません。

  • 人気機種ゆえの・・・

人気機種の宿命で信号待ちの際に並んだ複数のPCXが全て同じ色・・というのはありがちな光景ですが、

今回の追加でバリエーションが増えることにより選択の幅が広がったのは良いことです。


追加されたのはいずれも目立つカラーなので、既存ユーザーから熱い視線を浴びるでしょうね。

こういう展開も人気機種ゆえの楽しみのひとつですね。


<まとめ>

実際にPCXを走らせると爽快な走りで楽しく、近距離の移動はもちろん、

ちょっとした距離の時にも使いたくなる、そんな使い勝手の良さが人気の理由ではないでしょうか。

今回追加されたツートーンボディは高級感も高いので人気が出ると思います。

単色カラーとツートンカラーの価格差はPCX・PCX150共に1万円ですが、

これだけのカラーリングを施してありますので、差額1万円(税別)はむしろ「お安い設定」ではないでしょうか。

気に入った色があったら、ぜひ販売店で実車を確認してみてください!


PCX

 ■全長/全幅/全高:1,930mm/740mm/1,100mm

 ■エンジン:水冷・4ストローク単気筒・OHC・124cm

 ■最高出力: 8.6kW(12PS)/8,500r/min

 ■最大トルク: 12N・m(1.2kgf・m)/5,000r/min

 ■車両重量:130kg  

 ■メーカー希望小売価格(税込):329,400円(ツートーン)340,200円(単色)


PCX150

 ■全長/全幅/全高:1,930mm/740mm/1,100mm

 ■エンジン:水冷・4ストローク単気筒・OHC・152cm

 ■最高出力: 10kW(14PS)/8,500r/min

 ■最大トルク: 14N・m(1.4kgf・m)/5,000r/min

 ■車両重量: 131kg  

 ■メーカー希望小売価格(税込): 360,720円(ツートーン)371,520円(単色)


 ■メーカーサイト http://www.honda.co.jp/PCX/


(文・写真) 森井智之


関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す