TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【注目のバイクトピックス】vol.2 ホンダ CB1100RS(2017)

  • 最新ニュース
  • 2017.02.06

首都圏近郊のショールームやショップ・イベント等で展示されたホットなバイクを紹介するコーナーです。 第2回は1月20日に発売開始となったホンダ CB1100RSです。

■ホンダ CB1100RS (Honda CB1100RS) 2017 モデル

■撮影場所 / ホンダ本社ショールームウエルカムプラザ青山

  • スポーティな仕様のCB1100RS 登場!

展示場所は、ホンダ本社ショールームウエルカムプラザ青山です。

CB1100シリーズに追加されたスポーティな仕様のCB1100RS。


従来のCB1100、CB1100EXのトラディショナルな印象に比べ、明らかに走りを意識した装備が目を引きます。

CB1100RSの専用装備としては、17インチホイール、金色が目を引く前後サスペンション、新設計のローハンドル、

LEDウインカー等、今までのCB1100シリーズとは異なる、見た目の軽快感を獲得しているのが印象的です。

  • ビッグバイクらしからぬ、軽快な走りに磨きが掛かる

CB1100は以前、一般試乗会で試乗したことがあります。

広大な駐車場をパイロンで仕切った比較的タイトなコーナーが続く、主に1~2速を使う低速コースです。

今までトラディショナルなイメージから若干、敬遠気味だったCB1100。

こういうコースは苦手では?と勝手に思い込んでスタートすると、2~3のコーナーを曲がって、

その思いが間違っていたのに気が付きました。

 「これ、運転しやすくて楽しい!」に変わるのに時間は掛かりませんでした。

試乗後に思ったのは、トラディショナルな外観イメージに加え、

「”鷹揚(おうよう)” ゆったり乗る、見せる、魅せられる」が開発コンセプトの穏やかな印象のCB1100シリーズ。

実際の軽快な乗り味がうまく伝わっていないのでは?という疑問。そこに登場したのが今回のCB1100RSです。

専用装備の足回りが、どんな走りか楽しみです。これは理屈抜きで乗ってみたくなるのではないでしょうか?。

今年の試乗会では一番人気になるような気がします。

  • 大排気量のビッグバイク、メリットデメリットは?

とはいえ、大排気量のビッグバイクであるCB1100RSは車両重量が252kgと決して軽くはありませんので、

押し歩き時はやはり注意が必要です。そうは言っても、CB1100RSはバイクに乗っている人も、

そうでない人にも「おっ!」と引き付ける魅力がありますので、街をさっそうと走る時も駐輪場に停めても、

注目度は相当高いと思います。そこがこのバイクの大きなポイントだと思います。


<まとめ>

ショールームで取材中、印象的だったのが50歳前後の方が入れ替わり、吸い寄せられるように見に来て、

時間を掛けて細部をチェックしていたこと。なんか気持ちが分かりますね。

先日、なじみのショップで聞いたところ、すでにバックオーダーを抱えている状態のようだと言っていましたので、

気になる方は早急に実車をチェックするのをおすすめします。


 ■全長/全幅/全高:2,180mm/800mm/1,100mm

 ■エンジン:空冷・4ストローク4気筒・DOHC・4バルブ・1,140cm

         最高出力: 66kW(90PS)/7,500r/min

         最大トルク: 91N・m(9.3kgf・m)/5,500r/min

 ■車両重量 252kg  

 ■メーカー希望小売価格 1,378,080円(本体価格 1,276,000円)


 ■メーカーサイト http://www.honda.co.jp/CB1100/


(文・写真) 森井智之


関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す