TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.59 BMW HP2スポーツ

  • その他の記事
  • 2017.04.05

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 今回はBMWの中でも特別な称号、「HP」の名を持つ、HP2スポーツです。


BMWの中でもHPシリーズは、通常モデルでは考慮される走行安定性や積載性等を

割り切って、カテゴリ毎に徹底特化した特別なラインナップとなっており、

限定生産モデルです。


“HP”はハイパフォーマンス、“2”はツインの略でその後ろに特徴を表す名称がつきます。

最初に登場したのは、HP2“エンデューロ”でオフでの走破性向上に特化したモデル、

第二弾はHP2“メガモト”で、いわゆるモタード系モデル、そしてこのHP2“スポーツ”が

現在までにツインモデルとして発売されています。

なお、HPシリーズ初の4気筒モデルとして、S1000RRをベースとしたHP4スポーツも

2012年に発売されています。



今回ご紹介する、2008年登場のHP2スポーツのベースとなったのはR1200Sですが、

最大の特徴は、水平対向エンジンで初めてDOHC化されたことです。

その後2010年のR1200GSでDOHCエンジンは採用されましたが、

スポーツモデルでは2011年のR1200Rまで待たねばなりませんでした。

ちなみに最高出力は 98kW(133ps)/8,750rpm、最大トルクは 115Nm/6,000rpm で、

現行R1200RSより高い出力を誇っています。


もちろん特別なのはエンジンだけでなく、カーボン外装、鍛造アルミホイール、

オーリンズ前後サスペンション、鍛造アルミトップブリッジ等、通常生産モデルでは考えられない程、

豪華かつ徹底した軽量化を図っており(工具や車検証収納スペースすらナシ!)、

乾燥重量はなんと178kgと驚異的な軽さとなっています。

お値段も極めて高価で390万円と言うこともあり、

限られた人しかこのバイクを手に入れることが出来ませんでした。


現車は、距離は少々走っていますが程度は上々。

「究極のボクサーツインスポーツ」と言っても過言ではないこのバイクを手に入れるチャンスです。

タンク上のバックに車検証や工具を入れているんでしょうか。やっぱり特別感ありますね。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す