TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.52

  • その他の記事
  • 2017.02.16

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。

今回のレア車は「ホンダ DJ-1」です。


かつて一世を風靡したDJ-1ですが、発売開始は1985年なので

かれこれ30年以上前になります。

さすがに現存している車両はかなり少なくなっていますが、

今回の車両は何と走行750Km!。


しかも発売当初に設定されていたウィング店専用のインナーボックスを装備した

ウィングスペシャルエディションです。


ホンダの当時のプレスリリースを見るとDJ-1の販売計画は何と20万台!

イクの出荷台数ピークは1982年の320万台でしたので、

既にピークは過ぎている時期ですが、単一機種でこの数字は今では考えられません。


DJ1のネーミングですが、2年前の1981年に発売、これも爆発的なヒットを記録した

ヤマハ“J”OGを“打倒”する意味だともうわさされていました。


また、発売年の1985年には当時初の日本一となり、社会現象ともなった

阪神タイガース優勝を記念したタイガースバージョン、

翌年にはチャンバー等装備をUP、出力を向上させたDJ1-Rや、

原付規制強化に対応、二種登録扱いとなるDJ1-L、

ファッションブランドとコラボしたVIVAYOUエディション等様々な派生モデルを生み出し、

最終的に1988年、出力を6.8馬力まで向上したDJ1-RRを持って生産を終了しました。


今見てもあまり古さを感じさせない綺麗なスタイルをしており、

原付スクーターの歴史において大きな位置を占めるモデルだと思います。


このような状態のものはまず出てこないと思いますので、是非大切にしてほしいものです。

ウィング店のスペシャルバージョン。ステッカーも完璧に残ってますね。


走行距離は見えませんが僅か750km。奇跡的な状態です。





制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す