TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.50

  • その他の記事
  • 2017.02.02

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。

レア車シリーズもはや50回目となりました。

記念すべき50回目は「ホンダ VT250F」です。


今に続くVTシリーズの初期型、VT250FCは、1982年に当時爆発的な人気を誇った

ヤマハRZ250の対抗馬としてデビューしました。


当時ホンダは「4ストロークで2ストロークを打ち負かす」という命題の元、

WGPに楕円ピストンで有名なNR500で参戦していましたが、

同様のコンセプトを打倒RZとして市販車の世界にも導入したのは有名な話です。


その為VT250Fは、専用設計の車体に水冷V型2気筒、249㏄、35馬力のエンジン、

フロント16インチホイール、インボードディスク等、NRで培ったノウハウや、

様々な新機軸が惜しげもなく導入されています。


VT250が発売されるまでは、ホンダはCB250RS、カワサキはZ250FT、スズキはRG250と、

ようやく流用でない、専用車体の250が揃ってきたぐらいの状況でした。

それを考えると、いかに画期的なバイクだったかが分かると思います。


当時バイク雑誌ではこぞってRZとのゼロヨンや最高速対決特集を組んでいました。

かく言う筆者も友人がRZ250を買ったのでVTを購入、度々勝負してましたっけ。

懐かしい思い出です。


1984年には外装チェンジ、エンジン出力向上、角パイプフレーム化など、商品力を

UPしたFE型にスイッチ、86年には累計10万台と驚異的なセールスを記録しました。

単一車種で年間3万台近く売れていた計算になります。

隔世の感がありますね。


そんなに売れたVTですが、初期型FCはもはや現存するものも少なく、

市場にもあまり出回りません。

程度は年式相応ですが、めっきり見なくなった初期型、

歴史に残る名作を手に入れてみませんか。

ほぼノーマル状態を保ってます。人気は黒・白・銀の順でしたでしょうか。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す