TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.49

  • その他の記事
  • 2017.01.25

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。

今回は「ホンダ CZ100」です。


CZ100はモンキーシリーズ最初の販売モデルです。

とはいっても国内販売されなかった為、

一般的にはZ50Mが「初代モンキー」と言われることが多いようです。


モンキーシリーズの本当の初代は、このCZ100の前モデル「Z100」で、

かつてホンダが運営していた遊園地「多摩テック」の遊戯用として開発・導入された

こともあり、「幻」と言われています。

しかしながらCZ100も、販売されたとは言え輸出のみであり、

レア度で言うと相当なものです。

私も初めて見ました。


ちなみにZ100・CZ100が評判を呼んだため、それに応える形で

初の国内販売モデルとして1967年にZ50Mが登場することになりました。

以降独自のポジションを築きロングセラーとなっているのは皆さんご存知の通りです。


車名はCZ100ですが、エンジンは空冷4サイクル単気筒OHV、49㎥となります。

最大の特徴はエンジンがOHVと言うことです。

リジットサス等の特徴はZ50Mも受け継いでいますがエンジンはOHCになるので、

OHVモンキーとしては最後のモデルになります。


市場では優に100万を超える金額で売買されているようで、

はやコレクターズアイテム・骨董品の領域です。

まず出てこないCZ100、ピンときた方は逃さないで即買いでしょう。

モンキーシリーズ唯一のダウンドラフトキャブレターです。小っちゃいサイドスタンド!




Z50M。フレーム形状は似てるようで全く違うんですね。

写真は以下ホンダさんのモンキー紹介記事より。誕生秘話が載ってます。

http://www.honda.co.jp/motorcycle-graffiti/monkey/









制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す