TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【一葉的バイクの小窓】vol.18 バイクのロードレースをピットで体験。

  • おすすめコラム
  • 2017.05.30

レースに参加する幸せ・・、バイクのロードレースをピットで体験。  4/22(土)筑波サーキットで行われた「2017筑波ツーリスト・トロフィー in APRIL」に、ピットからレースに参加してきました。

  • 数多あるバイクロードレース

私は、バイクのロードレースといえば、MotoGPと鈴鹿8時間耐久ロードレースを思い浮かべる。

というか、それくらいしか知らなかった。バイク競技には、オンロードレースとオフロードレース、

それにトラックレーシング、トライアルがあって、それぞれ、スピードや運転技術などを競い合う。


掘り下げればとてつもなく数多のレースがあるのですね。

一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)が公認、承認している競技会は、

なんと年に600もの大会があるのだとか。



私が時折参加しているライディングスクール「SRTT」に、レーシングチームがあると知ったので、

SRTT主催者の内藤栄俊さんに、レースを見に行ってみたいとリクエストした。


内藤さんは、快諾してくれて、しかもスタッフとしてピットに入れるように配慮してくれた。


お邪魔したのは、

4月22日筑波サーキットで開催されたレース『2017筑波ツーリスト・トロフィー in APLIL』

(主催:一般財団法人日本オートスポーツセンター/JASC)


「どんなことでもお手伝いします」という気持ちで臨んだ当日、

私の名目上の役目とは、なんとレースクイーン。

図々しくレースクイーンの札を首から提げて、サーキット内を闊歩。

恥ずかしいけれど、ま、いっか。笑って許してもらおう。

  • 参加を楽しむレース



この日のレースは、以下の9クラス編成で行われた。


 ①NT2&N250F

 ②NS1&MS1&Terminator's1

 ③NS2&Terminator's2

 ④NT1&NB

 ⑤NM

 ⑥B.O.T.T(WCT)

 ⑦KTM390/250CUP

 ⑧Frontier2

 ⑨B.O.T.T(ACT)


搭載エンジン、車両などで分けられている。


コンマ一秒の世界で、しのぎを削る。




このレースは、レースへの登龍門的レースで、卒業基準タイムなるものが設けられていて、

1分3秒を切ると、もうこの大会に出場する権利がなくなってしまうとのこと。

また、次のステージでは雰囲気がちょっと変わってくるらしい。

卒業すると、ネクストステージへ。

SRTTレースチームの出場選手は、四名。

若手に紛れ、還暦を迎えたナイスミドルの方が、楽しそうに参加していた。

「バイクはずっとやっていたけど、レースに参加するようになったのは、還暦を過ぎてからだよ」

その方のバイクナンバーは、還暦を表す60だった。



場内を歩いていると、けっこうなご年配の仲睦まじいご夫婦を目にした。

ご主人がレーシングスーツを身に纏い、その傍らでニコニコと寄り添うご婦人。

バイクのある生活が二人にとって至福なのだな…。



ロードレースは観て楽しむものと、参加して楽しむもの、

色々あるのだ。


この日、観戦よりも参戦を楽しむレースもあるのだということを知った。

  • 例えば私でも参加できる

基本的に、ロードレースは、ライセンスを手に入れれば誰でも参加することができる。

そう。

こんな私でも、参加することができる。

ついでだけど、

申請すれば、参加する誰もが、レースクイーンを伴うことができる。

極端に言えば、私が10名ほどのレースクイーンを従えて、レースに参戦することだって可能なのだ。


基本的に一人きりではレース参加は難しい。

たくさんの人の力があってはじめて出場できる。

当日参戦しない仲間が手伝い、時間を共有する。

仲間との楽しい語らい。

共通の趣味、目標を持った仲間と過ごす。

みんなみんなとびきりの笑顔だ。


SRTTの出場選手みなさん、素晴らしい結果で終わった。

力いっぱい応援。一体感が心地良い。

喜怒哀楽を肌いっぱいで感じる。


会場は活気に溢れていた。


レースにもカテゴリーが色々ある。

観るのも楽しいけど、参加するって、また全然違って心躍る。


こういう気持ちって大切だな。

連れて来ていただいて、本当に良かった。



SRTTの選手が、表彰台に。

満面の笑み。私も嬉しい。Happyのおすそわけをいただいた感じ。



制作・協力

 ■SRTT http://srtt.co.jp/


(文・写真)中村一葉(なかむらいちよ)

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す