TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【一葉的バイクの小窓】vol.2 バイクはできないことへのチャレンジ

  • おすすめコラム
  • 2016.10.28

花業界のライター「中村一葉」が語る、女性ライダー目線のコラムです。

洞爺湖にて

  • バイクはできないことへのチャレンジ

そもそも、なんでバイクの免許を取ったのかというと、それは病気克服の願掛けだった。

それまで数年間に渡り入退院を繰り返していたため、

私にとって『できないことができるようになる』イコール『治らないものが治る』ような気がしたから。


“できないこと”で真っ先に頭に浮かんだのが、バイクの運転だった。

20年程前、知人のスクーター(ラッタッタではないタイプ)を借りて、私道で運転したときのこと。

グラグラふらついて、まっすぐに走ることができなかった。5メートルの短距離走行さえも危なっかしい。

兎にも角にも走って止まることが怖いのだ。


その場に居合わせた仲間は、困ったように笑いながら、

絶対に乗らないほうがいいと口を揃えた。

「うん。そうするよ」

バイクに乗るということを封印した。


ならば今回封印を解いて、バイクに乗ってみようじゃないか。

出来ない事へのチャレンジがはじまった。

  • 誰にも言わず教習所へ

二年前、誰にも言わず教習所に申し込みに行った。


教習所では、申込書を書く前に倒れたバイクを引き起こすテストがあった。

そんなことがあるとは知らず、その日は5センチヒールのパンプスを履いていたため、

教習所で靴を借りた。


目の前で横たわるワイン色のCB400。


起こせることができなければ入所することができないと言われ、

息を止めてふんばった。

どのようにして起こしたのか覚えていないが無事合格。

晴れて教習所通いが始まった。


教習所に数回通った頃、二輪免許にチャレンジしたことに後悔した。

予想以上に難しかった。コース内で転倒ばかり。

何度も何度も同じ失敗を繰り返し、気分が萎えた。

しかも、病気は完治目前なのに再検査ばかり。


はぁ…。



落ち込んでいる最中、熊野古道へ行く機会があった。

ここまできたのだから、と熊野本宮大社まで足を伸ばした。



入り口には大きく、漢字一文字『挑』が掲げられていた。

新たなる自分自身の出発(たびだち)を

熊野(ここ)で祈りて光輝くとも書かれていた。

「よし、がんばるぞ!」

  • 普通二輪から大型二輪、そして・・