TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第28回 カワサキ・KV75

  • おすすめコラム
  • 2017.06.10

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は”カワサキ版モンキー”と言えるKV75のご紹介です。

■カワサキ・KV75  ■エンジン:空冷2スト・ピストンバルブ単気筒

■最大出力:4.3ps(3.0 kw)/5750rpm

■最大トルク : 0.59kg・m(5.8N・m)/2000rpm


以前このコーナーでもカワサキのレジャーバイク、

MB−1コヨーテ(1969年登場)」を取り上げました。

ヘッドライトすらもたない簡潔な構造が特徴で、

北米に輸出されて公園やサーキットのアシとして活躍しました。


そしてコヨーテが発売された翌1970年、

カワサキはライバルのホンダ・モンキーに対抗すべく

一気にバイクらしい外観を与えた「75MT1」を投入。

こちらも北米への輸出専用車でしたが、

73ccピストンバルブエンジン、

スイングアーム式のリアサスペンションなど

凝った設計を誇りました。


MT1は「ダイナマイト」と呼ばれて彼の国で親しまれていましたが、

1977年になってようやく日本国内での販売が開始されました。


名前を「KV75」と改めたこのバイクは、

基本的にはMT1のカラーリング変更を行ったモデルでしたが、

クルマのトランクに格納可能なようハンドルを折りたたみ式に、

エンジンもわずかながらパワーアップするなど

独自の要素も持っていました。

でも、2スト75ccでパワーがあっても


残念ながらKV75の人気はいまひとつ伸びませんでした。

なおKV75以降、カワサキからレジャーバイクは登場していません。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す